より多くの活性酸素を除去|耐えがたい膝の痛みに|言わずと知れた妙薬
カップル

耐えがたい膝の痛みに|言わずと知れた妙薬

より多くの活性酸素を除去

水と女の人

1.57ppm以上の濃度

水素には、酸素と結合することで水となる性質があります。そのため、体内で細胞を酸化させる活性酸素を除去するために、多くの人が水素分子を溶け込ませた水素水を飲んでいます。細胞の酸化が防がれることで、健康状態や若々しさが維持されやすくなるため、水素水には高い人気があります。そして昨今では、通常の水素水よりもさらに水素濃度を高めた、高濃度水素水が販売されるようになっています。水素分子と水の性質上、水素水の最高濃度は、1.57ppmとなっています。それ以上の水素分子を溶け込ませても、すぐに水から抜け出てしまうのです。しかし高濃度水素水では、工夫により濃度が1.57ppm以上に高められています。そのため飲むことで、体内の活性酸素を一層多く除去できるようになります。

アルミ製の容器

水素分子は、一時的になら水に多く溶かし込むことが可能となっています。しかしその状態を維持することはできず、放置しておくとどんどん水素分子が抜け出ていきます。そして最終的には、濃度が1.57ppmにまで下がることになるわけです。しかし高濃度水素水は、アルミパウチやアルミ缶などの、水素分子を通さないアルミ製の容器に入っています。その容器内では、水素分子の逃げ場がないわけですから、1.57ppm以上の濃度が保たれるのです。もちろん開封した瞬間に水素分子が出ていくことになるので、高濃度水素水は、開封後はすぐに飲みきるようにすることが大事です。そうすることで、多くの水素分子を逃すことなく、体内に取り入れることができるのです。